1. ホーム
  2. 教務ニュース
  3. 英検準2級、3級におけるライティングテスト導入のお知らせ

教務ニュース

2016年11月15日

英検準2級、3級におけるライティングテスト導入のお知らせ

公益財団法人 日本英語検定協会は、2017年度第1回実用英語技能検定より「準2級」「3級」にライティングテストを導入することを発表しました。今回の変更により、1~3級の全ての級で4技能化が実現されます。

※詳細は公益財団法人 日本英語検定協会ホームページをご覧ください。
http://www.eiken.or.jp/

2017年度以降 英検各級における測定技能一覧
  1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級
リーディング
リスニング
スピーキング
ライティング

 2017年度開始予定  -  早期実現を目指し準備中

準2級、3級ライティングテスト導入の主なポイント
  • 中学校、高等学校の学習指導要領の目指す方向性と合致した内容となっています。
  • 問題は記述式の自由英作文で、与えられた質問に対し、自分の意見と、裏付けとなる理由を記述します。適切な語彙と文法を用い、英文で論述する能力が問われます。
  • ライティングテストの導入に伴い、短文中の語彙整序問題の出題は廃止されます。
  • 形式改定に伴い、準2級と3級の筆記試験の解答時間がそれぞれ10分延長され、準2級は65分から75分に、3級は40分から50分となります。この他の級の試験時間の変更はありません。

日米英語学院教務部

※教務ニュースに掲載されている情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ