ビジネス英語の基本!「お疲れ様」は英語でどう言うの?

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あいさつ」や「ねぎらい」の意味でよく用いられる「お疲れ様」。とても便利な言葉で、日本のビジネスシーンにおいては、直接会ったときはもちろん、電話やメールでも欠かせません。

 

けれども実は、「お疲れ様」というのは日本語独特の言い方で、英語にはない言葉なのです。では、「お疲れ様」を英語で表現するには、どのような言葉を選べば良いのでしょうか?

英語で直訳できない「お疲れ様」。シチュエーション別の言い方

日本のビジネスシーンで「お疲れ様」を使うシチュエーションは、主に「出会ったときのあいさつ」「退社時などの別れるときのあいさつ」「ねぎらい」が挙げられます。

 

出会ったときのあいさつ

 

時間に応じて下記のように英語で声をかければOKです。

 

Good morning. (おはようございます)
Good afternoon. (こんにちは)
Good evening. (こんばんは)

 

「なんだ、普通のあいさつで良いのか」と思われた人も多いかもしれません。その通りです。もっとくだけた間柄なら「Hello. 」「Hi. 」「Good day. 」でも問題はありません。逆に、もう少し「お疲れ様」の意味を込めたいなら、あいさつの後に、「元気?」「調子はどう?」を意味する英語を続けると良いでしょう。

 

How are you?
How’s it going?
What’s going on?

 

相手は「Fine. (良いよ)」「So so. (まあまあだね)」「Nothing. (問題ないよ)」などと答えてくれるはず。そのあと、「Thank you. And you? 」とお礼とともにあなたの調子を聞いてくるでしょうから、同じように「Fine. 」「So so. 」「Nothing. 」と応じましょう。

 

退社時などの別れるときのあいさつ

 

下記の英語が常套句です。

 

Have a good night! (良い夜を!)
See you tomorrow! (また明日!)

 

週末なら、「Have a nice weekend. (素敵な週末を!)」「See you on Monday. (また月曜日に!)」などを使っても良いでしょう。

 

ねぎらいの「お疲れ様」

 

仕事を頑張ったときなどに使いたい場合は、「よくやった!」「すばらしい仕事ぶりだった!」を意味する下記の英語がよく使われます。

 

Good job!
Excellent work!
Well done!
It was great!

 

もう少し「お疲れ様」の意味を込めたいなら、上記の言葉の前に「疲れただろうね」という意味合いの表現を入れて、「You must be tired. Good job! 」などと言うと良いでしょう。

【上級編】上司やお客様に「お疲れ様」を言いたいときは?

外資系企業の場合、日本よりも比較的に人間関係がフランクなので、上司であっても前述のような気さくなフレーズで言い合うこともよくあります。

 

しかし、あらたまった場面などでは、もっと丁寧な英語を話したいこともあるでしょう。その場合には、呼びかけの名前(名)を名字(姓)に変えて「Mr. 」「Mrs. 」の尊称をつけましょう。男性の尊称「sir」や女性の尊称「madam」「ma’am」をつけても良いです。

 

Good morning, Taro.
 ↓
Good morning, Mr. Yamada.
Good morning, Sir.

 

また、「Good morning. 」は「Good morning to you. 」というフレーズを略した言い方なので、「to you」を加えた「Good morning to you, Mr. Yamada. 」がより丁寧な英語と言えます。同じように「Good afternoon. 」「Good evening. 」「Good day. 」にも「to you」を加えましょう。

 

なお、これらの丁寧なフレーズは、シチュエーションによっては「からかい」にとられるかもしれないので、その場の雰囲気を読むことも大切です。逆に相手が同僚でも、調子づけたり和ませたりする場合には、あえて使ってみるのも良いでしょう。

 

一方、「ねぎらい」の場合も以下のように文章にすることで、より丁寧な英語表現になります。

 

Good job on your hard work for this week.
(今週大変でしたがお疲れ様です)
Good work on the Okinawa business trip.
(沖縄への出張、お疲れ様です)

 

さらに、上司やお客様にしてもらったアドバイスや手助けに対し、お礼の気持ちを込めて「お疲れ様」と言いたいときは、「Good job 」の代わりに「Thank you 」を使っても良いでしょう。

 

Thank you for your work in today’s hard event.
(今日のイベントは大変でしたがお疲れ様です)

「お疲れ様」を英語で言うとき、英語の腕が試される

日本では一言で済む「お疲れ様」は、英語のフレーズ自体は難しくありません。しかし、いざ英会話の中で使おうと思えば、パターンが多いだけに「どの状況でどのように言えば良いのか」戸惑ってしまうかもしれません。「英語の腕が試される」とも言えるでしょう。

 

フレーズを覚えるだけなら独学でもできますが、英会話学校ではシチュエーションを設定したうえで、実際に会話しながら実践的な英語を身につけることができるので、おすすめです。

 

筆者:児島奈美/トラベルライター
旅行雑誌やWEB等で、国内外問わず現地へ足を運び取材・撮影を行う。得意分野は、旅のルポ、グルメ取材、人物インタビューで、渡航した海外はプライベートを含め約40か国。雑誌立ち上げのために約3か月、ベトナムに滞在したほか、プライベートで欧州周遊(約3か月)、米国横断(約1か月)、東南アジア周遊(約3週間)、米国滞在(約1年)の経験も持つ。実践の場で英語を使うことが多く、「英語はツール」をモットーに、わかりやすく使える英語を心掛けている。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加