正しい英語の発音を身に付けてTOEICのスコアをアップ!

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「TOEICのリスニングパートが苦手」という人は少なくはないでしょう。英語のリスニングは、ただ耳で聞くだけではなかなか上達しません。リスニング力アップのカギは、実はスピーキングにあるのです。

 

今回は、TOEICのスコアアップにつながるネイティブらしい発音を得るコツをご紹介します。

筋トレ感覚で英語の発音を学ぶと、リスニング力は飛躍的に伸びる!

リスニングと同様に「正しい英語の発音は子どものころから身に付けていないと無理」と思っている人も多いはず。しかし、そう断言はできません。

 

そもそも、どうして大人になってから正しい発音を身に付けようと思ってもできないのかというと「日本語と英語では、話すときに使う筋肉が違う」ということが一因に挙げられます。ずっと日本語を話してきた大人は、英語を話す際に使う筋肉が鍛えられていません。そのため、その筋肉を上手に使うことができず、英語を正しく発音することができないのです。そのことを自覚し、筋トレ感覚で発音記号から覚え、正しく発音を学んでいくことが大切です。

 

まず、発音記号に合わせてどうのように顔の筋肉や舌を動かすのか、イラスト&音声付きでわかりやすく解説されているスピーキング教材などを選んで発音練習をしてみてください。英語学校や英会話教室を利用するなら、顔の筋肉や舌の動かし方を教えてもらうと良いでしょう。

 

そして、発音記号をマスターしたら、イントネーションにも気を付けて、単語の発音練習に進みます。例えば「rとl」「sとth」など日本人の苦手な発音は決まっているので、それらを含む単語は、頬(ほお)の筋肉、口の開き方、舌の動かし方を特に意識しながら発音練習しましょう。苦手な発音ほど、大げさに筋肉を動かしてみてください。恥ずかしがらず、ネイティブになりきることもポイント。

 

単語を正しく発音できるようになれば、次にリエゾン(文章の中で単語と単語がつながり、接続部分の音が変化したり、ひとつの音のように発音されたりする状態のこと)にも注意しながら、一連の文章を使ってシャドーイングの訓練を。ここまでくれば、驚くほどリスニング力がアップしていることに気づくはずです。

スマホの無料アプリで楽しみながら発音チェック!

また、近年は音声認識の技術が向上し、スマホのアプリは発音練習の強い味方になっています。正しい英語の発音を身に付けるために、このような無料アプリも活用してみましょう。

 

・Google翻訳
翻訳アプリですが、音声入力をすれば、自分の発音が正しいか簡単にわかります。私の場合、「colonel」(大佐)が「call you」と認識されてガックリした経験も。

 

そんなときは、日本語で「大佐」と音声入力をすれば、英語で「colonel」と発音をしてくれるので、何度も繰り返し英単語を聞いて発音練習をし、英語の音声入力で再トライ。正しく認識されたときの嬉しさはひとしおです。

 

TOEICの頻出単語の発音チェックはもちろん、McDonald’s(マクドナルド)やsixth(6番目)、rural(田舎)といった発音の難しい単語で腕試しも面白いです。

 

・英語「発音練習くん」(NHKゴカク)※初心者向き
英語「発音練習くん」は、アプリ「NHKゴガク」が提供するサービスのひとつ。「おとなの基礎英語」「基礎英語1~3」で放送した簡単なフレーズを題材にしています。発音のポイントを教えてくれるのも魅力。各講座はストリーミングもしています。

 

・Duolingo ※初心者~中級者向き
英語の人気学習アプリで、日英・英日の翻訳や英語の聞き取りほかに、文章を正しく発音できているかを読み上げる問題があります。中学から高校までの英文法や語彙をメインに、ランクごとに勉強することが可能。

 

・イングリッシュセントラル ※初心者~上級者向き
英語の動画を見ながら、単語のチェックと発音練習ができます。キッズや旅行、アカデミック、最新の時事ネタ、ビジネスなどまで、幅広い内容の動画がそろっています。

顔の筋肉や舌をしっかりと使って英語の発音を練習しよう!

顔の筋肉や舌をしっかりと使って英語の発音の練習をすれば、ネイティブのようなかっこいい英語の発音を身に付けることができて、リスニング力の強化につながります。そうなれば、TOEICのスコアは自ずとアップするはず。

 

それに、普段使っていない顔の筋肉を使えば、エクササイズにもなって小顔効果も期待できるかもしれませんね。ぜひ、試してみてください。

 

筆者:児島奈美/トラベルライター
旅行雑誌やWEB等で、国内外問わず現地へ足を運び取材・撮影を行う。得意分野は、旅のルポ、グルメ取材、人物インタビューで、渡航した海外はプライベートを含め約40か国。雑誌立ち上げのために約3か月、ベトナムに滞在したほか、プライベートで欧州周遊(約3か月)、米国横断(約1か月)、東南アジア周遊(約3週間)、米国滞在(約1年)の経験も持つ。実践の場で英語を使うことが多く、「英語はツール」をモットーに、わかりやすく使える英語を心掛けている。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加