英会話 Nativeレベルになるための学習法

  1. ホーム
  2. 英会話 Nativeレベルになるための学習法

Beginner→Nativeレベルになるための学習法

資格試験と違い、合格や不合格がないのが英会話です。
ゴールは「相手に正しく自分の言葉を伝えること」。レベル分けはされるものの、正解や不正解はありません。日本人が英語を習得するということは、第二言語として学ぶということです。

母国語を習得するプロセス

聞く→話す→読む→書く

生まれた頃から周囲の人の声を聞き、見よう見まねで口にして、目で文字を覚え、その文字を形にします。これは日本人だけでなく、どの国の人でもほぼ同じプロセスを経て母国語を習得しています。

イメージ画像

第二言語を習得するプロセス

読む→書く→話す→聞く

ほとんどの日本人はまず、学校で英語の文法・単語を学びそれらを使った文章を読みます。次に日本語訳や英語訳を繰り返し書いて覚え、それを口に出して読む練習を行ってから外国人の発音での英語を聞くというプロセスに入ります。

イメージ画像

ビギナーの方は文法が重要

文法が苦手、という人は多いですが、まずは基本的な文法・構文を身に着ける事がとても大切です。
外国人と話すだけのトレーニングでは、めったに上達しません。これは基本が身についていないため、基本の応用もできなければ熟語などの法則も理解できず、短期記憶の丸覚え状態になってしまうからです。

イメージ画像

日米ではインプットとアウトプットのバランスを重要視しています。覚えた言葉・表現はすぐに使ってみる事で、短期記憶から長期記憶への刷り込みを行います。
また、日々の学習をきちんと繰り返す事で「リスニング力」はある日突然伸びます。今まで聞き取れなかった言葉が聞き取れたり、洋楽の歌詞がなんとなく分かるようになったり…ビギナーの方は、まずこの感覚を身に着けるまで何度も繰り返し刷り込みを行い、英語力の向上へとお手伝いしています。

中級~上級を目指す方

中級~上級を目指す方は、語彙力と表現力を中心に磨いていただきます。例えばことわざは日本にいる限り英語で耳にすることはあまりありません。しかし外国人は意外とことわざを良く使いますし、日常生活で友人と教科書通りのきちんとした英語を話す人はほとんどいません。

くだけた表現やメッセージで使う短縮表現、また流行りの言葉などをどんどん取り入れることで、日本にいながら外国の人と同じ表現で英語を使う事ができるようになります。留学に行かなくても、日米で活きた英会話を学ぶ事ができます。

イメージ画像

また、中級以上の方は英語力を向上しつつビジネス用語を覚える事も有効です。オフィスで使う丁寧な表現や、 Eメールで使う決まり文句など。まずは基本の英会話力を身に着けておけば、言い回しをビジネス用にスイッチするだけでビジネス英語を話せる事になります。「ビジネス英語」という言語はありません。すべては言葉遣いと表現力です。

無料カウンセリングにお越しください

このような方法を使い、日米では英会話力向上のお手伝いをさせて頂いております。まずはコーディネーターとの無料カウンセリングにお越しください。ビギナーでも安心して受講いただけるカリキュラムをご提案させて頂きます。

カウンセリングイメージ画像

ぜひスクール見学・無料体験レッスンにお越しください

あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案致します。
ご希望の方には無料体験レッスンも受けて頂けます。下記フォームよりお気軽にご予約下さい。
今ならインターネットからのご来校の予約で10,000円分の割引券を差し上げます!

  • スクール説明会・体験レッスンのご予約
  • 資料のご請求
お問合せはこちらまで
日米英語学院神戸三宮校
お問合せはこちらまで 0120-447-218
営業時間 | 平日 11:00~21:00 / 土 10:00~19:30 / 日 10:00~18:00 / 祝日 休
アクセス | 各線三宮駅より徒歩3分フラワーロード沿い神戸国際会館向い、みずほ銀行神戸支店のビル8F

ページの先頭へ

  • ページトップ
  • HOME
  • 資料請求
  • 説明会予約