交換留学に行くならこの春から準備しよう

交換留学に必要なTOEFL®テスト・IELTS・英語面接・エッセイ対策もお任せ!

4月は進学や進級の季節ですよね。大学や大学院での交換留学や長期留学を希望されている方も多いのではないでしょうか?留学へ向けてどんな準備をどの時期から始めればいいのか、日米英語学院梅田校ではどんな対策ができるのかご紹介します。
まずは何と言っても語学力です。希望先の大学によって必要なスコアが定められています。主に留学に使えるスコアはTOEFL(R) iBTテスト(60) 、TOEFL(R) ITPテスト(500)、IELTS(5.5)です。()内は最低必要となる目安のスコアです。
交換留学は学内出願→学内選考→留学先大学への本出願→出発となり、出願から実際に出発するまで半年から1年かかります。出願、出発スケジュールは留学先の国によって違いますので学内イントラネットや国際課などでしっかりと調べておきましょう。また学内出願時に英語力を証明しないといけないため、出願期間の遅くとも1年前くらいからは英語学習を始めましょう。英語学習の開始が早ければ早いほど高スコアを取得でき、希望大学を選べたりレベルの高い大学で学ぶことができるようになりますよね。
ここで実際の大学の交換留学スケジュールと準備を見てみましょう!

イメージ画像

日米英語学院で対策できることと交換留学までのロードマップ

長期で海外(主に英語圏)で高等教育を受ける留学にはTOEFL(R)テストもしくはIELTSという英語の資格試験のスコアが必要です。学問を修めるだけではなく、留学生活を有意義なものにするためにも英語力が必要ですので各大学や大学院にて必要最低スコアが決まっています。

イメージ画像

交換留学までのロードマップ例(英語圏に留学希望の場合):A大学

赤色の内容は日米で対策できます)

★出願時期

留学先
オセアニアなど春が新学期の国 学内出願 6月~
北米・ヨーロッパなど秋が新学期の国 学内出願 10月~

ポイント!
英語力を証明するTOEFL(R) iBTテストIELTSは出願が始まる1ヵ月前には受験するようにしましょう。TOEFL(R) ITPテストは所属している大学が実施するスケジュールしか受験できないので確認しましょう。
ポイント!
出願はオンラインと書類の2つの方法で出願する大学もあります。出願期間や必要書類が分かれていることもあるので注意
ポイント!
出願時に提出する英語力のスコアレポートは原本の到着が間に合わない場合はオンライン上のスコアレポートでもいい場合があります。TOEFL(R) iBTテストのMy Best Scoreは採用していない大学もあるので事前に確認しておきましょう。

★出願書類

願書、スコアレポート、誓約書、志望理由書、推薦書など

ポイント!
志望理由は単なる語学力向上や海外生活に留まらず、希望先大学を十分に調べ学習計画を立てたうえで作成しましょう。英語での作成が必要な大学もあります。
推薦書が必要な場合は余裕をもって依頼するようにしましょう。

★面接試験

ポイント!
面接試験はほとんどの大学で行われますが、日本語か英語面接か、または両方かを調べておきましょう。志望理由をしっかり頭に入れて臨んでください。

★学内推薦者決定

ぜひ梅田校のスクール見学・無料体験レッスンにお越しください

あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案致します。
ご希望の方には無料体験レッスンも受けて頂けます。下記フォームよりお気軽にご予約下さい。
今ならインターネットからのご来校の予約で10,000円分の割引券を差し上げます!

  • スクール説明会・体験レッスンのご予約
  • 資料のご請求
お問合せはこちらまで
日米英語学院梅田校
お問合せはこちらまで 0120-339-033
営業時間 | 平日 11:00~21:30 / 土 9:00~19:30 / 日 9:30~18:30 / 祝日 休
アクセス | JR大阪駅、阪急・阪神梅田駅より徒歩2分大阪梅田ツインタワーズ・ノース26F

教室を探す SCHOOL

日米英語学院は、関東に4校 関西に6校のスクールがあり、どのスクールも主要駅から徒歩5分の立地にあります。 また全校土日もオープンし、忙しい方でも学習を続けやすい環境を整えている英語学校です。

  • 英語にまつわるアレコレ知識を発信するメディア KotsuKotsu

ページの先頭へ

  • ページトップ
  • HOME
  • 資料のご請求
  • 説明会予約

ぜひ学校説明会にお越しください。あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案します。

  • 学校説明会実施中
  • 資料請求
  • お電話にてお問合せ
  • LINEにてお気軽にお問い合わせ