TOEIC® L&Rテストワンポイントレッスン

第2回 品詞の働きと典型的な語尾

問題以下の空所(  )に入る単語を選択肢A~Dから選んでください。
In addition to his own gifts, Mr.Arata has been (  ) in bringing other volunteers to the charitable organization.
  • (A) instrument
  • (B) instrumental
  • (C) instrumentally
  • (D) instruments

解き方

STEP1
選択肢を見る。
語尾が異なる単語が並んでいるので、品詞の問題であるとわかる。
STEP2
品詞の問題は空所の前後だけ見てみる。
⇒ been (  ) in の空所には補語が必要。
STEP3
TOEIC(R)テストで補語に選ぶのは形容詞(B)「役に立つ」。
(A)(D)は名詞で「楽器、手段」。
(C)は副詞「役に立って、楽器的に」。

解答とポイント

正解
(B)instrumental
和訳
彼自身の寄付に加え、荒田さんは慈善団体へ他のボランティアを呼ぶことにも助けになっている。

この問題で読む必要があるのは、been (  ) in だけです。
品詞の問題はPart5、6で10~13問出題される、最頻出ポイントです。各品詞の働きと、典型的な語尾を押さえれば、もっとも早く攻略できるポイントでもあります。ただし、be動詞の後の空所に品詞を選ぶ問題では、引っかけ問題もあるので注意が必要です。日米のクラスでは、その見分け方もご紹介しています。

日米英語学院でTOEIC® L&Rテストのスコアアップを目指しませんか?

あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案致します。
ご希望の方には無料体験レッスンも受けて頂けます。下記フォームよりお気軽にご予約下さい。
今ならインターネットからのご来校の予約で10,000円分の割引券を差し上げます!

  • スクール説明会・体験レッスンのご予約
  • 資料のご請求
お問合せはこちらまで
日米英語学院梅田校
お問合せはこちらまで 0120-339-033
営業時間 | 平日 11:00~21:30 / 土 9:00~19:30 / 日 9:30~18:30 / 祝日 休
アクセス | JR大阪駅、阪急・阪神梅田駅より徒歩2分大阪梅田ツインタワーズ・ノース26F

教室を探す SCHOOL

日米英語学院は、関東に4校 関西に6校のスクールがあり、どのスクールも主要駅から徒歩5分の立地にあります。 また全校土日もオープンし、忙しい方でも学習を続けやすい環境を整えている英語学校です。

  • 英語にまつわるアレコレ知識を発信するメディア KotsuKotsu

ページの先頭へ

  • ページトップ
  • HOME
  • 資料のご請求
  • 説明会予約

ぜひ学校説明会にお越しください。あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案します。

  • 学校説明会実施中
  • 資料ダウンロード
  • お電話にてお問合せ
  • LINEにてお気軽にお問い合わせ