1. ホーム
  2. 目的に合わせて選べるコース
  3. GRE・GMATコース

目的に合わせて選べるコース

GRE®・GMAT®コース

  • 大学院留学
  • ビジネススクール受験

GRE®について

GRE®とは

GRE(R)(The Graduate Record Examinations)はアメリカやカナダの人文・社会・自然科学系の大学院受験の際に要求される適性や学力を測るテストです。4年制大学卒業見込み者と既卒者が対象となります。英語を母国語とするネイティブの大学院進学希望者も受験するため、高得点を取るのは非常に難しいテストです。

テスト概要

GRE(R)には一般的な知識を測るGeneral Testと、専攻分野の基礎学力を測るSubject Testがあります。どちらのテストが必要かは専攻によって異なりますので、事前にご確認ください。General Testは年に最高5回まで受験が可能です。

GRE®テスト内容

  • 一般テスト(General test)

    • Analytical Writing(分析・エッセイ):
      Analyze an Issue / Analyze an Argument(各30分間)
    • Verbal(語学):
      2セクション(各セクション約20問・各30分間)
    • Quantitative(数学):
      2セクション(各セクション約20問・各35分間)
  • 専攻別テスト(Subject test)

    専門分野の知識を問うテスト。

ワンポイントアドバイス

テストには特徴があり、高得点を取るためには出題傾向を把握し、対策を立てることが重要です。スコアアップのためには何度か受験することもポイントのひとつです。

GMAT®について

GMAT®とは

GMAT(R)(Graduate Management Admission Test)はビジネススクールへ入学する際に受ける適性テストです。ビジネスを学ぶ能力、及び入学後学習についていく能力があるかどうかがこのテストによってを判定されます。

テスト概要

AWA(ライティング)、Integrated Reasoning(統合推論)、Quantitative(数学)、Verbal(英語)の4セクションに分かれ、パソコンでの試験となります。論理的思考能力を試されるため全体的にレベルが高く、問題形式にも癖があります。

GMAT®テスト内容

  • AWA(ライティング)

    30分間 / 1問
    英語の文章力と分析的な思考力を測るライティング・テスト。

  • Integrated Reasoning

    30分間 / 12問
    グラフなどを含む情報を総合的に分析し正解を導き出すスキルが問われるセクション。

  • Quantitative(数学)

    75分間 / 37問
    基本的な代数や幾何学の知識を問う問題と、質問に対して必要な情報を選択する問題の2種類。

  • Verbal(語学)

    75分間 / 41問
    文法や語彙・語法、文章の読解力、論理力が問われるセクション。

ワンポイントアドバイス

Verbal(語学)セクションに比べると、Quantitative(数学)のセクションは日本人には比較的易しいので、得点を稼ぐために数学では満点を目指すことが重要です。また、ビジネススクールの出願にはエッセイや推薦状など、多くの準備が必要となります。出願までの全体の流れをしっかりと把握しておきましょう。

ぜひ学校説明会にお越しください
あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案致します。
ご希望の方には無料体験レッスンも受けて頂けます。下記フォームよりお気軽にご予約下さい。
今ならインターネットからのご来校の予約で10,000円分の割引券を差し上げます!

ページの先頭へ