お得期間限定キャンペーン実施中!

  1. 英会話スクールなら【日米英語学院】
  2. 選べる豊富なコース
  3. ビジネス英会話・英語コース

選べる豊富なコース

ビジネス英語コース

  • 電話対応
  • メール
  • ミーティング

習う内容や期間も選べる「個人別カリキュラム」で効率よく英語力アップ

電話対応からプレゼンまで幅広い内容に対応

ビジネス英語コースイメージ一口に「ビジネス英語」と言っても、習いたい内容は人によって大きく異なります。ある人は英文メール作成、またある人はミーティング英会話など、総合的なビジネス英語クラスだけでは、本当に一人ひとりが必要とする内容をカバーすることができません。
日米英語学院のビジネス英語コースでは、電話対応、メール作成、商談、ミーティング、プレゼンなど、幅広い内容が学べるクラスをご用意しています。必要なクラスに絞ってカリキュラムを組むため、効率よく英語力を身につけることができます。

例えばこんなシーンで使えるビジネス英語スキルが身につきます

  • 電話の取り次ぎや伝言の受け方
  • 英文メール・各種文書の作成
  • 接客英会話(サービス・外食など)
  • 挨拶やスモールトーク(雑談)
  • ミーティングの進め方・発言練習
  • プレゼンテーションの構成
  • 英字経済新聞や雑誌の読み方
  • レポートや企画書の書き方

忙しいあなたにはプライベートレッスンや短期集中がおすすめ!

ビジネス英語コースイメージ忙しくて仕事と英語学習の両立が難しい方には、プライベートレッスンや短期集中コースがおすすめです。
プライベートレッスンはお好きな時間・期間にご希望の内容を受講頂けるマンツーマンのレッスンです。より一人ひとりのニーズや弱点に合わせて学習でき、短期間でも高い効果を期待できます。
また、グループレッスンの短期集中講座もご用意していますので、コーディネーターにぜひご相談ください。

基礎の復習やTOEIC®L&Rテスト対策も可能です

「社会人になって長らく英語に触れていないから基礎を忘れてしまった」そんな方には、ビジネス英語クラスと並行して、文法や英単語・熟語などの基礎クラスの受講が効果的です。
さらに、TOEIC(R) L&Rテスト対策も同時に受講できるので、学習した内容を資格という形に残せます。日米英語学院では年に6回校内でTOEIC(R) IPテストを実施しているので、手軽に学習の成果を試すことができます。

あなただけのビジネス英語学習プラン「個人別カリキュラム」を作成

日米英語学院では、お一人おひとりに「個人別カリキュラム」をご提案しています。カウンセリングにて目標やご希望をお伺いし、その内容とレベルチェックの結果をもとに、あなただけの学習プラン「個人別カリキュラム」を作成します。

こんな方におすすめ!

  • 英語を習得して業務効率化につなげたい
  • 海外出張・転勤の為に短期間で準備したい
  • 外資系企業に就職・転職したい
  • 電話やWeb会議で英語を使うことが増えた

個人別カリキュラムの例

  • Aさんの場合

    外資系企業への転職を目指している、英文メールの書き方を学びたい、電話対応や基本のオフィス会話は必須

    Point
    オフィス英会話クラスのPassport to Workと、英文メール対策クラスを組み合わせ、ビジネス英語の基礎を身につけるカリキュラム。
  • Bさんの場合

    海外出張が決まった、現地でミーティングがある、取引先と会食の予定がある

    Point
    短期間のためプライベートレッスンで集中的に受講。ミーティング対策に加え、様々なビジネステーマを英語で学ぶMarket Leaderで話題を増やします。

同じビジネス英語コースでも内容はこんなに異なります

日米英語学院では、約55%の方が入門・初級からスタートしています

初級・入門55%、中級34%、上級12%

初級・入門55%、中級34%、上級12%

3ヶ月ごとのコースガイダンスでカリキュラムを見直し

上達度は人それぞれ。日米英語学院では常にレベルや目的に合ったレッスンを受けられるように、3ヶ月に1回講師による上達度チェックを行います。
ご入学時に作成した個人別カリキュラムを組み直したり、クラスや期間、通学回数の変更なども可能です。
常に自分に合ったカリキュラムで進めていけるので、モチベーションを高く保ったまま学習を続けられます。

3ヶ月ごとのコースガイダンスでカリキュラムを見直し

3ヶ月ごとのコースガイダンスでカリキュラムを見直し

よくあるご質問

仕事で実際に使う会議資料の添削やプレゼンテーションの練習もできますか?
お仕事で使う資料の持ち込みや練習も対応できます。講師から質の高いフィードバックを受け、練習をして臨むことで、会議やプレゼンテーションも自信をもって実施できるようになります。
自宅や会社からオンラインで受講できるコースはありますか?
オンラインレッスンをご用意しています。忙しくて通学の時間が取れない方や、近くにスクールが無い方にご利用いただけます。通学でのレッスンとの併用も可能です。

ビジネス英語コースで受講できるレッスンの一部をご紹介

接客英会話

販売業やサービス業、外食産業で働く方におすすめの初級英会話クラス。訪日外国人インバウンド対策に力を入れている企業様からも好評を得ているクラスです。簡単な挨拶から商品の案内、予約の受付や注文の取り方など、すぐにでも使えるフレーズを練習します。よく使う単語や別の表現も一緒に学べ、英語で対応できる幅がぐっと広がります。

English for Telephoning

英語で電話がかかってきてあたふた・・・そんな状況を変えたい方は、ぜひ「English for Telephoning」を受講してみてください。このクラスでは、シチュエーション別に使える表現を習い、実際にお客様や取引先と電話でやり取りしているところを想定して実践的な練習を行います。

Passport to Work

ビジネス英語入門クラスです。仕事上での電話、会議、問い合わせや問題解決、海外旅行手配、海外、お客様や仕事仲間との交流などのシーンを通して、便利な決まり文句を覚えていきます。後半では、さらに覚えたフレーズを使って実践的に練習することで、しっかりと自分のものにしていきます。

Market Leader(1~4)

国際的なビジネスの場で役立つ実践的な英語力を養うビジネス英語クラスです。交渉、プレゼン、ネットワーキングなど、様々なビジネスシーンを取り上げたダイアログを使います。2レッスン1セットで、後半ではリアルな設定で構成されたケーススタディを用い、実践的に話す練習を行っていきます。

ビジネス英語の基本!

電話にでると「Hello!」の声。どう対応しますか?

こちらも「Hello!」と返してください。

相手が続けざまに何かを話して聞き取れなかったとしても慌てずに、以下のように伝えましょう。

「This is XXX. May I help you?」(こちらXXX社です。ご用件を承ります)

そして、とりあえずは名前と会社名の確認を。

「May I have your name, please?」(お名前をお伺いできますか?)
「May I have your company name, please?」(会社名をお伺いできますか?)

その後、担当者がわかれば、このように言って担当者につないでください。

「Hold on, please.」(このままお待ちください)
「Just a moment, please.」(少しお待ちください)

「I’ll put you through.」(おつなぎします)という一言も自然と出るようになると良いですね。


※引用元
【対応編】英語の電話にびくびくしないための英会話

https://www.nichibeieigo.jp/kotsukotsu/business/712/

英語でのプレゼンテーション

日本語のプレゼン内容を安易に英訳して流用するのは失敗のもと

英語でプレゼンテーションをする場合は、日本語のプレゼンテーションを、安易に英語に訳して流用するのは失敗のもとです。「目的」と「聞き手」をはっきりさせて、「構成」から練り直しましょう。そして、当日の発表に備えて、英会話はもちろん、パフォーマンスまでしっかりと練習しておきたいものです。

しかし、それらさえ押さえておけば、初めての英語のプレゼンテーションでも大丈夫。より良い結果を残したいなら、英会話や英語学校で、構成や話し方をチェックしておけば万全ですね!


※引用元
英語でプレゼンテーション!押さえておきたい基本的なコツ

https://www.nichibeieigo.jp/kotsukotsu/business/1498/

ビジネスメール

英語のメールで感謝を伝えるには“Thank you.”だけでは不十分

【面接や会議のお礼を伝える感謝メール】

・Thank you very much for taking the time to have a meeting with us this morning. (今朝はミーティングにお時間を割いていただき、ありがとうございました) “taking the time”は、日本語のビジネスメールでもよく使う「ご多用中、お時間をいただきありがとうございます」という感謝の気持ちを表せます。

【招待に感謝するメール・不参加の返事】

・I am greatly honored to be invited to the forum, however I will not be able to attend this time. (フォーラムにご招待いただき大変光栄です。しかしながら今回は参加できません)

日本人が多用する「恐縮です」は感謝する気持ちだったり、申し訳ない気持ちだったり、さまざまなシーンで使用されるので、すべてを“I am afraid…”と表現するのは無理があります。喜びが混じった「恐縮です」は“I am afraid……”ではなく、“I am really grateful. ”などのフレーズがふさわしいでしょう。


※引用元
ビジネスメールで感謝とお詫び。英語でどう伝えるの?

https://www.nichibeieigo.jp/kotsukotsu/business/2667/

ビジネス英語おすすめプラン例

ビジネス英語ベーシックプラン

グループレッスン2クラスと、フリーカンバセーションのT.A.P.クラスを組み合わせた人気のビジネス英語プラン。T.A.P.クラスが多めについているので、習ったことをどんどん実践的に使っていきましょう。

授業料 クラス形態
(レッスン数)
受講期間
160,000円
(税抜)
グループレッスン2クラス(24回)
+T.A.P.クラス(20回)
週1回1年 または 週2回6ヶ月

ビジネス英語コースの受講生の声

その他のおすすめコース

ぜひ学校説明会にお越しください
あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案致します。
ご希望の方には無料体験レッスンも受けて頂けます。下記フォームよりお気軽にご予約下さい。
今ならインターネットからのご来校の予約で10,000円分の割引券を差し上げます!

学校説明会の流れ

  • Step01来校予約

    来校予約イメージ
  • Step02カウンセリング

    カウンセリングイメージ
  • Step03レベルチェック

    レベルチェックイメージ
  • Step04学校説明

    学校説明イメージ
  • Step05カリキュラム作成

    個人別カリキュラム作成

※ご希望の方は無料体験レッスンを1回受講いただけます。受講内容や日時はご相談ください。

フリーダイヤルでの来校のご予約はこちら

  • 新宿校
    0120-858-218
  • 渋谷校
    0120-544-218
  • 池袋校
    0120-588-218
  • 横浜校
    0120-044-950
  • 梅田校
    0120-339-033
  • なんば校
    0120-445-218
  • 天王寺校
    0120-411-218
  • 四条校
    0120-477-218
  • 三宮校
    0120-447-218
  • 川西校
    0120-077-218

ページの先頭へ