国を越えて楽しもう!スポーツ観戦時に使える英会話

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐリオデジャネイロオリンピックが開幕しますね。スポーツバーなどに出向けば、他の人と楽しい時間を過ごせそうですが、今では日本人のみならず、外国の人と一緒に観戦することもあるかもしれません。特に欧米の人たちは、スポーツバーでスポーツ観戦をしているのをよく見かけます。

 

今回は、外国の人と一緒にスポーツ観戦するときに使える英会話フレーズをご紹介します。

対戦相手国の人たちへの「思いやり」を忘れずに

以前、私が勤めていた会社のそばにもスポーツバーがありました。仕事帰りに同僚たちと立ち寄ることもあり、特にサッカーのワールドカップのときなどは大いに盛り上がったものです。

 

ある日、日本の対戦相手国の人たちと一緒に観戦したときのこと。試合は相手の国が勝ちましたが、初めて会ったにもかかわらず、その国の人にビールをおごってもらったりもしました。自分の国が勝つと嬉しくて、太っ腹にもなりますよね。

 

ただ、こういった場面において、忘れてはいけないことがあります。それは、相手に対する「思いやり」。もちろん、思いやりは日本人同士でも大切なことですが、やはり国が違うとなれば、もう少し気を遣う必要があるでしょう。

 

・相手の国のチームや選手を侮辱しない
・こちらが負けても相手の健闘を称える

 

このような配慮を心がけましょう。

 

また、対戦相手国の人ではない場合でも、どちらの国を応援しているかわかりません。対戦相手の選手やチームを悪く言ったり、ブーイングしたりするのは厳禁です。

対戦相手を称える一言を伝えられると最高!

では具体的に、どのような会話から始めれば良いのでしょうか。

 

まず、こちらから話しかける場合、対戦相手国の人かどうかを確認したいですよね。

 

・Are you from XXX(対戦相手国の国名)?(XXX国の方ですか?)

 

このように率直に聞くのが最も簡単でわかりやすいでしょう。

 

相手国の選手が良いパフォーマンスを決めた場合などは、たとえ、日本が点を取られたとしても、それを称える一言を伝えられると最高です。

 

例えば、以下のようなフレーズです。

 

・Wow, he is amazing!(彼はすごいね!)
・Wow, awesome!(素晴らしい!)

 

欧米の人が多用する表現ですが、こちらの気持ちが一言で通じますので、ぜひ使ってみてください。そして、最終的に相手の国が勝ったとしたら、素直にこう伝えましょう。

 

・Congratulations!(おめでとう!)
・It was a very exciting game!(すごくエキサイティングな試合でしたね!)
・XX was great!(XX選手は素晴らしかったですね!)

 

日本が勝った場合は、その場にいる人たちにビールの一杯でも奢ってあげると良いですね。

ポジティブな発言とフレンドリーな姿勢で楽しくスポーツ観戦しよう!

私はなるべく相手国の選手の良いパフォーマンスは口に出して褒めるようにし、日本人選手が点を取った場合などは素直に大喜びをします。

 

外国の方と会話をする上で私が気を付けているのは、常にポジティブな発言をすること、そして、できる限りフレンドリーな姿勢で接することの2点です。これはビジネスの場でもプライベートな場でも変わりません。この2点を意識すれば、英会話を通じて外国の人たちとも一緒に楽しくスポーツ観戦ができることでしょう。

 

筆者:岡本きよみ/PRディレクター
株式会社Harris PR & Consulting Office代表取締役。PRディレクターとして主にライフスタイルブランドの広報活動に関わる。米国の高校を卒業後、日本の大学に進学。専攻は英米語、言語学。JTB、日航のアウトバウンド・インバウンド業務に従事した後、出産を機に、P&Gファーイーストインク(当時)に転職。広報渉外部および研究開発部に10年間勤務の後、家族とともにニュージーランドに滞在。帰国後、外資系ホテルの広報、外資系PR会社のヴァイスプレジデントなどを経て、現職。

  • Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加