TOEIC®L&RテストとTOEFL®テストの違いとは?どちらを受けるべきか目的別に解説

2023.07.26資格対策
【アイキャッチ用】160412TOEFLTOEIC違い

あなたにおススメ40年の実績|資格 英会話 留学なら日米英語学院

無料体験レッスンに申し込む

資料を取り寄せる

あなたにおススメのスクール
40年の実績、日米英語学院

無料体験レッスンに申し込む

資料を取り寄せる

 

 

【本文用】疑問符を掲げる女性

 

グローバル化が進む近年、ますます重視されるようになってきた英語関連の資格試験。中でもTOEIC® L&RテストとTOEFL®テストは、世界的にも知られている代表格であるため、名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

 

名前が似ているTOEIC® L&RテストとTOEFL®テスト。ともに英語コミュニケーション能力を測定するテストですが、その中身は異なります。今回は、TOEIC® L&RテストとTOEFL®テストの違いをご紹介しましょう。

ビジネスで必要な実践的な英語コミュニケーション能力を測るTOEIC® L&Rテスト

【本文用】握手をするスーツ姿の男女

 

TOEIC® L&Rテストは「Test of English for International Communication」の略で、実践的な英語コミュニケーション能力を測定するために発案されたテストです。試験は2時間で、現在、日本では、TOEIC® L&Rテストは年に10回実施されています。リスニングとリーディングで構成され、日常生活やビジネスシーンでよく使われる会話や書類などをもとに出題されます。

 

なお、英検®のように合否ではなく、スコア(得点)によって自身の英語レベルを把握することができます。満点は990点。簡単な日常会話は600点~、日常会話・簡単なビジネス英語は700点~、実践的なビジネス英語は800点~、専門的なビジネス英語・ネイティブ同等は900点~、と言われています。

 

TOEIC® L&Rテストのスコアは、個人のビジネス能力の評価基準として、外資系企業や大手企業の海外事業部はもちろん、近年では多くの一般企業でも利用されています。

 

英語圏の大学で必要な英語コミュニケーション能力を測るTOEFL®テスト

【本文用】ノートを見ながら談笑する男女

一方、TOEFL®テストは「Test Of English as a Foreign Language」の略で、英語圏の大学生活で必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの英語コミュニケーション能力を総合的に測定するために、米国で開発されたテストです。

 

試験は約2時間で、年に50日以上実施されています。リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングで構成され、歴史や科学、文学といったアカデミックな内容をテーマに出題されます。英語を「知っている」ではなく、どれだけ「使える」かも評価のポイントに。

 

試験後はTOEIC® L&Rテストと同様にスコア(得点)が伝えられます。このスコアを海外留学の入学基準として提示を求める大学が多数あり、今では発祥のアメリカだけでなく、カナダやオーストラリアなどなど英語圏で幅広く採用されています。

 

塾やスクールを活用してTOEIC®テスト・TOEFL®テストに挑むメリット

【本文用】机に広がるグラフ資料をペンで指さすビジネスマン

 

TOEIC® L&RテストとTOEFL®テスト、どちらにも対策本や問題集がたくさんあるため独学もできますが、ハイスコアを狙うなら、英語学校の専門コースで本腰を据えて勉強すると良いでしょう。

 

例えばこんな方におすすめです。

・日々の仕事が忙しく勉強できる時間が限られている社会人の方

・独学で勉強しているがモチベーションが下がってきてしまった社会人の方

 

レッスンを組み合わせて受講するタイプのスクールや講師と1対1のプライベートレッスンなら、不得意なパートのレッスンのみ受講できたり、自分のレベルに合わせた授業内容をお願いできます。

余分な勉強までしている余裕がない、そんな方はスクールでの対策がおすすめです。

独学で一度受験してみたが合格せず、次は確実に合格したいからスクールを利用する、という方も多くいらっしゃいます。

 

■日米英語学院に通う TOEIC®テスト・TOEFL®テストコース受講生の声

大学生 Yukaさん

レッスン内では単語の意味や関連語がよくきかれるのですが、覚えているつもりでも結構忘れていることがあって、よく先生につっこまれていました。でもその悔しさが高得点達成につながったのだと思っています!

 

高校生 N.A.さん

TOEFL(R)テストの文章や、問題が、自分の思っていた以上に難しく、苦戦していたのですが、少しずつListeningが耳に入るようになり、Writingが上手に書けるようになり、と、レッスンを重ねていくうちにレベルアップしていく自分に気付け、それを先生にほめて頂けたのがうれしく印象に残っています

就職・転職にはTOEIC® L&Rテスト、海外留学にはTOEFL®テストを

【本文用】勉強をする女性

 

よって、個人のビジネス能力の評価基準として採用されているTOEIC® L&Rテストは、就職や転職を考えている人におすすめのテストといえます。

 

一般企業の新卒なら600点、転職なら700点、海外部門なら750点を目標にしましょう。また、社内の昇給・昇格の基準としてTOEIC® L&Rテストを採用する企業も増えているので、キャリアアップの一環としてTOEIC® L&Rテストを勉強するのも良いですね。海外や外資・国際部門で働きたい人・働いている人にとっても、TOEIC® L&Rテストの勉強内容は実践に結びつくのでうってつけです。

 

また、TOEFL®テストは、英語圏の短大・大学・大学院へ、本格的な進学や長期留学を目指している人に欠かせないテストです。必要なスコアは、進学したい学校や学部などにより異なるので、事前のチェックを忘れずに。

 

TOEFL and TOEIC are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS). This website is not endorsed or approved by ETS.

 

筆者:児島奈美/トラベルライター
旅行雑誌やWEB等で、国内外問わず現地へ足を運び取材・撮影を行う。得意分野は、旅のルポ、グルメ取材、人物インタビューで、渡航した海外はプライベートを含め約40か国。雑誌立ち上げのために約3か月、ベトナムに滞在したほか、プライベートで欧州周遊(約3か月)、米国横断(約1か月)、東南アジア周遊(約3週間)、米国滞在(約1年)の経験も持つ。実践の場で英語を使うことが多く、「英語はツール」をモットーに、わかりやすく使える英語を心掛けている。

 

あなたにおススメ40年の実績|資格 英会話 留学なら日米英語学院

無料体験レッスンに申し込む

資料を取り寄せる

あなたにおススメのスクール
40年の実績、日米英語学院

無料体験レッスンに申し込む

資料を取り寄せる

こんなタグで調べられています

 
【アイキャッチ用】160412TOEFLTOEIC違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KotsuKotsuの最新情報をお届けします。

【アイキャッチ用】230728英検1級
【アイキャッチ用】230719英検準1級
【アイキャッチ用】220420TOEIC平均点

ぜひ学校説明会にお越しください。あなただけの学習カリキュラムと受講料をご提案します。

  • 学校説明会実施中
  • 資料ダウンロード
  • お電話にてお問合せ
  • LINEにてお気軽にお問い合わせ