海外で身近なホームパーティーを楽しむための英会話フレーズと心構え

2018.09.11英会話
Summary あらすじ

アメリカで、ホームパーティーは生活の一部。料理を持って行く場合は、宗教上の制約などを考慮し、材料についてすぐに答えられるようにしておくことが不可欠。また、パーティーで日本食を作るなら、お好み焼きがおすすめです。いずれにせよ、つまらない顔をしていてはホストに失礼。その場の雰囲気を楽しむように心がけましょう。

「アメリカでは、感謝祭やクリスマスは『一人でいちゃいけない日』なのね。私は一人暮らしだから、その時期になると、よく知らない友だちからも声がかかるの。毎年違う友だちのホームパーティーに招待してもらっているわ(笑)」

 

アメリカに住む知人からこの話を聞いた私は驚きました。日本人にとって、ホームパーティーはやや縁遠い存在ですが、アメリカではまさに生活の一部。

 

今回は、海外では身近なホームパーティーを楽しむための英会話フレーズと心構えについてご紹介します。

料理を持ち寄るホームパーティーでは、持参した料理の材料を必ず説明

 

ホストがコース料理を用意するホームパーティーもありますが、たいがいは「Potluck party(料理持ち寄りパーティー)」です。Potluck partyでは「(料理を)自由に取ってね」という意味で「Help yourself.」とよくいわれます。このフレーズは覚えておきましょう。

 

また、料理を持ち寄るホームパーティーの場合、最も注意したいのは「What is in it? (何が入っているの?)」という質問に必ず答えられるようにしておくこと。多民族国家では、宗教上の理由で特定の食材が食べられない人が数多くいます。もちろん、アレルギーやベジタリアンの人に対しても、この気遣いを忘れてはいけません。「It has eggs in it, so if you are allergic to eggs, please dont take it. (卵が入っていますので、アレルギーでしたら、どうぞ取らないでくださいね)」といったように注意を促しましょう。

 

<パーティーに招待されたとき>

Thank you for your invitation. I am glad to come. (ご招待をありがとう、喜んで伺います)

I would like to come, but, I’m afraid I have another engagement. (とても行きたいんだけれど、ごめんなさい、先約があるの)

Shall I bring a dish, flowers, or a bottle? (料理を持っていけばいい?それとも、お花かお酒?)

 

<パーティーの席で>

I am happy to meet you, my name is Mieko. Alicia is my friend at the university. (初めまして、ミエコです。アリシアは、大学の友人です)

Will you pass me the salt? (塩を取っていただいてもよろしいですか?)

Its nice and crispy. (これ、パリパリして美味しいです)

I think soy sauce with wasabi goes best with this steak. (このステーキ、わさび醤油が一番合うと思います)

What is the secret of the dish? (隠し味は何ですか?)

I would love to have the recipe of this dish. (このお料理のレシピ、ぜひ欲しいです)

 

 <家などを褒めるとき>

You have a big backyard! (お庭、広いですね)

It is a very nice neighborhood. (ご近所の環境、とても素敵ですね)

I love your kitchen. (あなたのキッチン、好きだわ)

ホームパーティーで一緒に料理を作るなら「お好み焼き」がおすすめ

 

他にも、料理好きが集まるホームパーティーでは、みんなで一緒に料理を作ることもあります。もし、日本食をリクエストされたら、海外でも材料を揃えやすい「お好み焼き」がおすすめです。something like a savory pancake with cabbage (キャベツで作る、甘くないパンケーキのようなもの)」と言えば、初めての人でもイメージが湧きやすいでしょう。

 

海外で作りやすいようにアレンジをした材料と作り方の手順は、以下のとおりです(1カップは、アメリカ規格の235ccで計算しています)。下記に記載した英文を参考に、海外の友人にお好み焼きの作り方をレクチャーしてあげると喜ばれるはず。

 

ingredient for 4 persons(4人分の材料)>

4 eggs (卵4個)

1 cup water (水1カップ)

1 cup flour (小麦粉1カップ)

2 tsp. baking powder (ベイキングパウダー小さじ2)

400g cabbage finely chopped (刻みキャベツ400g

200g ground pork (豚ひき肉 200g

oil(油)

Worcester sauce, mayonnaise or ketchup etc. (ウスターソース、マヨネーズ、ケチャップなど)

 

1In a bowl, beat eggs add water, flour and baking powder together. (ボウルの中に卵を割り、水と小麦粉とベイキングパウダーを混ぜ合わせます)

 

2Then add chopped cabbage and ground pork and mix well. If it looks too watery, add some more flour. (刻みキャベツと豚のひき肉を入れて、よく混ぜます。水っぽいようであれば、小麦粉を追加します)

 

3Divide the batter into 4 and spread each on a hot frying pan like a pancake. (生地を4等分し、温めたフライパンの上にパンケーキのように広げます)

 

4Fry about 3-5 minutes on each side. Make sure that the batter is well cooked. (両面35分ずつ焼きます。中まで焼けたか確認しましょう)

 

5Serve as you like with Worcester sauce, mayonnaise or ketchup. (お好みで、ウスターソース、マヨネーズ、ケチャップなどをつけましょう)

 

なお、この手順を英語で説明するのが難しい場合は、「I will show you first and you can copy me. (私が最初にするからマネしてね)」と先に実演してあげると、伝わりやすいでしょう。

ホームパーティーでは、会話に参加する姿勢もマナーのひとつ

 

冒頭に登場した知人は、こうも語ってくれました。

 

「ホームパーティーでずっと黙っていると『意見のない人』というレッテルを貼られるし、そもそもつまらなそうな顔をしているのは招待してくれたホストに失礼ね。初対面の人にも、どんどん自己紹介しなきゃ。一期一会だと思って、少し高めのテンションで話すのがポイントよ」

 

日本では、知らない者同士がホームパーティーで集まる機会は少なく、ましてや英語だと余計に尻込みしてしまうかもしれません。しかし、そこは異文化を楽しむ気持ちが大切。「文法が少しくらい間違っていても良い」と割り切り、彼女のアドバイス通り「少し高めのテンション」で会話の輪に飛び込んでみましょう。

 

とはいえ、飲み過ぎによる泥酔は厳禁。また、帰り際の挨拶と、招待してくれたホストへ翌日にお礼メールを送ることも決して忘れないようにしてください。

 

 

筆者:洲巻三恵子/ライター

大手家電メーカーにて秘書業務を5年間経験した後、スペインで1年間のインターンシッププログラムに参加。帰国後、リクルートが発行する情報誌の編集業務に4年間、ベンチャー企業の立ち上げに1年間携わり、家族の仕事の都合でドイツへ移住。5年半の滞在中、2回の海外出産を経験し、現在は4児の母。趣味は旅行で、南米やアフリカも含め、訪れた国は約30か国に上る。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KotsuKotsuの最新情報をお届けします。