日常英会話より簡単!?社会人なら覚えやすいビジネス英語

Summary あらすじ

社会人としての知識や経験は英語の習得に思わぬ力を発揮します。難しいはずのビジネス英語も仕事の強みを利用すれば英語初心者から挑戦できるもの。仕事が分かれば英語も分かる!「ビジネス英語=上級者向け」という思い込みを捨ててみましょう。

「ビジネス英語は難しい」と思い込んでいませんか?

 

社会人や仕事経験のある人ならば、日常会話よりもビジネス英語をスムーズに使いこなせることがあるのです。

 

英語が初級レベルでもビジネス英語が身につきやすい人とは?専門的な英語のほうが簡単に感じる理由とは?社会人必見のビジネス英語の実情をご紹介します。

現役の社会人がビジネス英語を習得しやすい5つの理由

 

一定のキャリアを積んだビジネスマンなら、日常会話よりもビジネス英語のほうが簡単に感じることがあります。現役の社会人がビジネス英語を習得しやすい理由は以下の通りです。

 

 1.専門分野にまつわる英語は推測しやすい

ビジネスシーンにおいては、知らない英語表現や単語に遭遇しても、自分の仕事に関連するトピックであれば容易に内容を推測できます。海外生活が長かった私も、自分の得意分野で勝負できるビジネス会話のほうが一般的な社交トークよりもずっと楽だと感じていました。自分の土俵では英語がうんと分かりやすくなります。

 

 2.専門用語の英単語はすでに知っている場合が多い

英会話や英文を理解できるかどうかは、英語の語彙力に大きく左右されます。自分の仕事に関する英語なら、すでに知っている単語も多いはず。例えばIT業界なら、“Virtual Desktop Infrastructure”(仮想デスクトップインフラ)や“emulator(エミュレーター)”といった難解な単語もすでに目にしたことがあるかもしれません。難しい単語をすぐに覚えられるのは専門家ならではの利点です。

 

 3.ビジネス英語は決まった言い回しや表現が多い

依頼、発注、受注、問い合わせなどの基本的なやり取りから、プレゼンテーションや契約交渉まで、ビジネス英語にはいくつかの決まったパターンがあります。よくあるビジネスの言い回しや常套句をマスターすれば、あとはアレンジするだけで使い回しができるのです。ビジネス英語に慣れれば、流動的で表現が多様な日常会話よりもずっと簡単に使いこなせます。

 

4.会議やプレゼンテーションなど事前の準備ができる

英語での会議やプレゼンなどは、本番に備えてじっくりとスピーチの練習をしたり、質問の受け答えや話の進め方をシミュレーションしたりなど、事前に準備が可能です。ぶっつけ本番での日常会話より、言うべきことや聞くべきことが準備できるビジネス会話のほうが意思の疎通が図りやすいことも。

 

5.プロとして堂々とコミュニケーションができる

一般的なトピックでは自信が持てなくても、専門分野のトピックならばプロとして堂々と意見ができるはずです。ビジネスのシーンでは英語の発音や流暢さよりも毅然としたプロの態度が評価されます。プロに相応しい態度がビジネスを成功に導き、ひいてはビジネス英語の自信にもつながり、良い相乗効果をもたらします。

「日常英会話<ビジネス英語」の思い込みを解消しよう!

 

「日常会話レベル<ビジネス会話レベル<ネイティブレベル」という考え方が浸透している中、海外の英語学校でもビジネス英語コースで学ぶには「中級以上の英語力」を必須条件としていることが多いのも事実です。

 

とはいえ、差し迫ってビジネス英語を身につける必要があるなら、一般英語からコツコツと学んでいる時間はないでしょう。「会議のため」「海外出張のため」など、ビジネス英語を学ぶ目的がはっきりとしているなら、英語学校の個人レッスンなどを利用して的を絞ってビジネス英語を学ぶことをおすすめします。

 

最初は難しく感じても、ビジネス英語の基本パターンを学んでしまえば、あとは練習と実践あるのみ。段々と力がついてきます。「ビジネス英語を学ぶことは初級者には無理だ」と考えているなら、その思い込みを取り払ってください。英語初心者だからと尻込みせずに、専門知識を持つ社会人ならではのメリットを活かしてビジネス英語を効率的に習得しましょう。

自分の専門分野に限ればビジネス英語はうんと身近に

 

日常英会話には無限のトピックスや言い回しがあり、そのうえ、流行の言葉や話題が内容に加わります。中級以上の英語力を持っていても「英語のニュースは理解できても英語のコメディーは難しい」という人は少なくありません。

 

一方、ビジネス英語はトピックが限定的。会計でもマーケティングでもITでも、自分の専門分野に限ればビジネス英語はうんと身近になります。

 

社会人としての知識をフルに生かせば、英語初心者や初級者でもビジネス英語は怖くありません。「ビジネス英語=上級者向け」の思い込みを捨てて、効率的に「使えるビジネス英語」を身につけていきましょう。

 

筆者:林カオリ/ライター・エディター

関西を拠点に活躍するライター・エディター(合同会社パブリスプラス代表、クリエイティブオフィスこゆうじん代表)。知的財産管理技能士。日本にてコピーライター、編集者、ライターを経験した後、15年間オーストラリアに在住。シドニーでは日豪両国の各種媒体に執筆を行う傍ら、2児の海外出産と子育てを経験する。海外の実体験に基づくライフスタイル、旅行、教育、留学関連記事が得意。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

KotsuKotsuの最新情報をお届けします。